職員満足度向上への取り組み
東京児童協会の健康経営宣言
 近年、保育に関わる人材への待遇や就業環境を向上させることが急務となっています。
その中でも働く職員の一人ひとりの健康を大切にし、イキイキと安全に楽しく働ける職場を作ることが重要なことだと考えます。
 職員が自身の健康を大切に思い、毎日を笑顔でイキイキと過ごせることで、その職員と触れ合う子どもたちが、毎日通うのが楽しくなる笑顔あふれる場所となり、保護者も安心して仕事に向かえる園になります。更には、そこで働く職員が健康で長く働き続けることができれば、教育保育の質を向上させることにもなります。
 職員が健康で安心して長く働き続けることができる環境を整えるために、職員の声を聞きその時々の課題を1つ1つ解決していきます。
 毎年実施する満足度調査の数値も年々向上する結果が出ており、更なる健康の増進で職員一人ひとりの意識も高まり、組織全体として健康を大切にする職場づくりへの意識も上がり始めていることを実感しています。
 東京児童協会は、教育保育業界をリードするトップランナーとして、職員の心身の健康は職員とその家族の幸福な生活と、活気のある職場づくり、さらには私たちの目指す教育保育を実現するために重要な課題であると考え、職員が働きやすい職場づくりを更に推進し、ストレスや疾病に関連する健康影響のリスクの低減を目指し、全職員の心身の健康づくりの実現を目指してまいります。
理事長 菊地政幸

【健康経営推進体制】
理事長が最前線に立ち、経営戦略室室長、事務局長以下事務局に健康経営推進統括(健康経営アドバイザー、産業カウンセラー)を配置し、園長、各園の看護師、栄養士と衛生管理者/衛生推進者、各委員会と衛生委員会が中心となり健康経営を推進しています。

当法人は、今後も職員の健康の保持及び増進やワークライフバランスの実現を通じ、いきいきと健康で働ける職場環境作りに取り組むとともに、健康経営を推進することで、さらなる法人の成長につなげ、職員とその家族、そして私達の保育園に関わる全ての人に笑顔の輪が広がっていくことを目指します。

健康経営推進体制図



【当法人の主な取り組み】
1.メンタルヘルス不調等のストレス関連疾患への発生予防への取組み
・ 外部の産業カウンセラーによる派遣カウンセリングを年に2回実施
・ 産業医による月に2回の産業医面談実施
・ 健康経営推進スタッフと園長、産業医の連携による職場環境整備
・ 内部産業カウンセラーによるメンタルヘルス相談窓口を設置
・ 外部相談窓口を2社設置、相談内容により選択可能
・ 衛生委員が各園巡回時に「働きやすい職場作り」と「産業保健体制」を直接職員へ説明
・ 産業医と連携し、メンタル不調者のサポート強化、環境整備を行っている
・ ストレスチェックの結果分析し、改善への取組み
・ 休職者への職場復帰支援「復職プラン」実施

2.働きやすい職場環境への取組み
・ メンターメンティ制度の実施
・ ライフイベントの変化における雇用形態の選択(限定職員制度)
・ 産休育休の個別相談窓口設置
・ 育休者には不安を取り除くランチ会、育休復帰者には働き方を相談できるママ会の実施
・ 満足度調査(年1回)を実施し、問題点の抽出と改善への取組み
・ 休憩室の内容充実(個々がくつろげる環境作り、全園オフィスグリコ導入)
・ 入職後の不安を取り除く1ヶ月3ヶ月面談実施。ありがとうを伝える場。
・ 職員が相互に認め合い感謝を伝えあうカインドネスギフトの実施
・ 職員の声を直接事務局に届けられるシステム導入(タレントパレット)
・ 残業の適正管理と減少への取組み
・ 休憩を必ず取るための仕組み作りと実行
・ 有休の取得推進。計画年休制度開始。有休付与日の見直し
・ 福利厚生システム ベネフィット導入

3.健康診断後の疾病への高リスク者に対するフォロー体制の強化
・ 健康診断受診後のリスク保有者へ事務局より受診勧奨、管理者、看護師によるフォロー
・ 職員に向け健康管理研修の実施、健康関連の情報提供

4.栄養士による栄養計算された給食の提供、健康管理研修の実施
・ 職員への、栄養計算された給食の提供
・ 定期健康診断結果を基に、最も懸念される病気に対して、健康教育の研修を実施。

5.運動習慣に向けた具体的な支援
・ 職員で構成された委員会で職員参加型の運動機会の計画と実施
・ WEBを使用(ZOOM)し、在宅勤務中もヨガ教室等の実施
・ 沖縄舞踊チーム「美らてぃーだ」の活動場所を拠点内に設置し、有志が継続的に練習し、定期的に社内外にて発表



【効果検証と目標値(従業員満足度調査より抜粋)】
東京児童協会では、健康経営を実施するにあたり様々な施策を講じています。
職員の声を聞き、課題を抽出する一つの手段として、年に一度、従業員満足度調査を実施しています。

1.コミュニケーション因子
 ①職場では、気軽に話が出来る
 ②自分の意見や気持ちを表現できる
 ③職場のチームワークはよい

コミュニケーション因子テーブル コミュニケーション因子グラフ


2.雰囲気因子
 ①上司や同僚とはお互いに誠実に接している
 ②仕事外のことも相談することが出来る雰囲気がある
 ③グループ内や他部署との友好な雰囲気がある
 ④メンタルヘルス不調の人をサポートしようとする雰囲気がある

雰囲気因子テーブル 雰囲気因子グラフ


3.ワークライフバランス因子
 ①休暇制度を活用しやすい
 ②仕事の時間と、それ以外の時間のバランスがとれている
 ③生活状況に合わせて、勤務条件等を柔軟に調整できる
 ④プライベートで必要な時には、早く帰ることもできる

ワークライフバランス因子テーブル ワークライフバランス因子グラフ



限定職員制度
正職員で働きたいが、子育てや、介護などで早番延長勤務ができないなど、働きたいけど勤務時間や移動時間などで制限が掛かってしまう人。夢があり、時間を作って勉強をしたい人。そんな人のために、多様な働き方を実現できる制度です。
短時間正社員制度導入支援セミナーについて
メンター制度
メンターとは、後輩職員(メンティ)の仕事上の色々な悩みに耳を傾け、いきいきと働けるモチベーションや職場環境づくりをサポートする先輩職員のこと。東京児童協会では、メンターによる後輩職員のサポートを制度として応援しています。
社内サークル活動
仕事以外の場での職員の交流やストレス解消のため、2015年からスタートしました。現在あるのは、沖縄舞踊のサークルやお散歩サークルやフットサルサークルなどです。
職員レクリエーション大会
数年に一度、法人職員運動会を開催しています。各園対抗運動会なので園の団結力が強まります。リレーや、綱引き、ドッチボールなど毎回盛り上がります。このほかにもボーリング大会や、某遊園地を貸し切っての忘年会など、法人内で交流が深められる機会が多くあります。
職務や勤務に応じた諸手当の充実
東京児童協会では、待遇改善のために、家族手当や職務手当、異動手当・住宅手当・大規模園手当・シフト手当・社宅制度など、さまざまな手当を設けています。
さまざまな休暇制度
ライフサイクルの中で生じるさまざま変化にも柔軟に対応し、産前産後休暇や、育児休暇、介護休業制度等も整えています。実際に、2019年度育休利用者は、継続10+新規20=計30名/育休明け復帰者12名/男性育休取得実績4名おり、多くの社員がこれらの制度を活用しています。
東京児童協会の特徴
ページトップへ戻る
本部
[名称]社会福祉法人東京児童協会
[所在地]〒134-0091
東京都江戸川区船堀2-23-10
[連絡先]03-3680-1441
[設立年月日]昭和35年2月15日
[理事長]菊地政幸


事務局
[名称]社会福祉法人東京児童協会 事務局
[所在地]〒105-6009
東京都港区虎ノ門4丁目3番1号
城山トラストタワー9階
[連絡先]03-5341-4661
本部
事務局
社会福祉法人 東京児童協会
[本部]
〒134-0091 東京都江戸川区船堀2-23-10/TEL 03-3680-1441
[ウェブサイト] http://tokyojidokyokai.com/

[事務局]
〒105-6009 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー9階/TEL 03-5341-4661
採用情報
©2016 - 東京児童協会