研修について
様々な研修制度
東京児童協会では80余年培ってきた保育のノウハウや、保育業界でのさまざまなつながりを活かし、更なる保育の質の向上と、保育界への貢献のため、定期的に研修会を開催しています。
法人内の職員が講師を務める「法人内研修」、法人外の方に講師をお願いする「法人外研修」、保護者の方々も参加可能な「公開研修」の3つに分け、実施しています。


>
法人内研修
当法人では新任研修はもちろん、それぞれの特技を皆で共有し保育内容や専門知識の向上をすべく、外部講師やキャリアのある職員による研修会を定期的に行っています。毎日の保育に直結する「伝統遊戯研修」「コーナー保育研修」「わらべうた研修」や、看護師による「感染症予防研修」など、様々な研修を行い、保育の質の向上を目指します。
 



>
法人外研修
特に専門的な研修については、法人外から講師の方をお招きして研修を実施する他、外部連携団体等主催の研修へ出向き行っています。他法人の職員と合同で研修を行う場合は、意見や情報交換の場にもなり、保育業界の更なる発展につながるよう努めています。
 



>
公開研修
年に数回、在園児の保護者の方やご友人の方も参加できる公開研修を行っています。親子コンサートや、子育てを取り巻く社会問題についてなど、保育業務に携わる方でなくとも、日々の子育てに役立つ情報を中心とした研修会です。
 



>
キャリアアップ研修
主任保育士やリーダーを目指す職員に対して、年に数回キャリアアップ研修を実施しています。現主任や現リーダーから、心構えや具体的な業務について学んだり、傾聴やコーチングについてスペシャリストから講義を受けたりと、モチベーションアップだけでなく、実際のキャリアアップに役立つスキルも身につけられる研修を行っています。
 





東京児童協会の特徴
ページトップへ戻る
社会福祉法人 東京児童協会
〒134-0091 東京都江戸川区船堀2-23-10/TEL 03-3680-1441
[ウェブサイト] http://tokyojidokyokai.com/
採用情報
お問い合わせ
©2016 - 東京児童協会