食育への取り組み
人の食生活は幼少期に嗜好が決まるといわれています。
当法人では、たいとうこども園で園長を務める菊地惠子が、内閣府主催の食育推進評価専門委員会に、保育・幼児教育分野の専門委員として参画した経験を活かし、保育だけでなく食育にも力を入れています。
幼少期の大事な時期に貴重な体験ができるよう、保育カリキュラムに食育を取り入れています。
一例として、季節に合った給食献立や、種まきから収穫・調理、魚の解体まで、年間を通して行う長期的な活動や、家庭での食育サポートとして、親子クッキング教室や、給食レシピの公開も行っています。
植・触・食3つの「しょく」
「食育」には色々な意味があります。
東京児童協会では、保育の一環として「しょく」を「食・触・植」の3つに分け、年間のカリキュラムに取り入れています。幼少期に様々な「しょく体験」をすることが、豊かな心を育むと考えています。
お料理保育
各保育園で給食の調理や栄養価計算をしている栄養士が中心となり、クッキング活動を行っています。子どもたちが実際にクッキングに参加することで、楽しみながら調理や食材に興味を持てるように、好奇心・達成感など心の発育に重点を置いた活動です。
親子クッキング教室
給食で取り入れている献立の中から、親子で簡単に出来るクッキング教室を行っています。お手伝いは子どもの自立心を養うきっかけにもつながり、また親子で作ることでコミュニケーションを深めることが出来ます。


東京児童協会の特徴
ページトップへ戻る
社会福祉法人 東京児童協会
〒134-0091 東京都江戸川区船堀2-23-10/TEL 03-3680-1441
[ウェブサイト] http://tokyojidokyokai.com/
採用情報
©2016 - 東京児童協会