2019.2.15
平成30年度 研究発表会について
 平成30年12月1日(土)、有楽町朝日ホールにて、「平成30年度 研究発表会」を開催いたしました。今年度は、厚生労働省による東京都保育士等キャリアアップ研修の7専門分野別に、下記の通り法人内スキルアップゼミを発足、学びを深め、ゼミごとの研究発表となりました。また、以前より法人内で取り組んでおります、看護師プロジェクトの実践発表、沖縄舞踊サークルの演舞や歌の研修チームの活動報告などを行いました。


~法人内スキルアップゼミ研究分野~
①乳児保育 ②幼児教育 ③障がい児保育 ④食育・アレルギー
⑤保健衛生・安全対策  ⑥保護者支援・子育て支援 ⑦保育実践


 スキルアップゼミには、保育士のみならず、栄養士、看護師も主体的に参加いたしました。平成29年に改訂され平成30年4月より適用された保育所保育指針について理解を深め、様々な課題や問題意識を抽出し、ゼミごとに各園にアンケートを実施するなど、調査・データ収集し研究考察を重ねました。
 ゼミ生にとって、日々の保育を振り返りながら、知識を得る学びの時間となり、その成果を下記目的を踏まえて研究発表としてまとめました。


~研究発表会の目的~

①共通する課題や問題意識・知識欲などで集い、法人全体として保育・
教育の質の向上を図り、学びの芽生えを促す
②法人内で継続的に蓄えた知見・成果を発表し、共有する


 当日は、白梅学園大学大学院特任教授で、法人理事も務めてくださっている無藤隆先生による基調講演『今後の幼児教育、そのポイント』の後、上記各ゼミの発表、更に、看護師プロジェクト「いのちキラキラ~あたまのはなし~」の実践発表、沖縄舞踊チーム美らてぃーだの「肝高の阿麻和利(キムタカのアマワリ」の演舞、歌の研修チームによる童謡2曲のパートナーソングなど、様々な活動報告も行いました。
 来賓として、養成校の先生方や研修講師の方にも多数お越しいただいた他、他法人の保育者の方や保育者を志す学生のみなさん、また平成31年度内定者のみなさんにもご参加いただき、大変盛会となりました。

 全職員にとっても、改めて自己の保育の省察の機会、明日への保育に活かせる支援・新しい見識を得るなどキャリアップにつながっています。
 この研究発表会を通じて、法人の保育・教育理念に基づいた日常のていねいに関わる様々な保育・教育の内容がより充実されました。今後も学び続ける姿勢を持ち、専門性・質の向上を図る機会を継続していきたいと考えております。

※研究発表会の概要(各チームの発表タイトルとチームメンバーほか)、当日の様子の写真は、以下に記載・添付がございます。ぜひご覧ください。


<研究発表一覧>





・平成30年度 研究発表会の様子


・理事長菊地政幸の開会の辞で、「平成30年度 研究発表会」を開会致しました。



・白梅学園大学大学院特任教授 子ども学研究研修所長 無藤隆先生による基調講演「今後の幼児教育、そのポイント」の様子



・美らてぃーだが躍る「肝高の阿麻利」



・歌のプロジェクトチームによる「しゃぼんだま」「あめあがり」2曲のパートナーソング、東京児童協会のオリジナルソングである「大きなおうちキラキラ」の合唱の様子





・各スキルアップゼミの発表と質疑応答の様子



共立女子大学 家政学部 児童学科 教授 白川佳子先生による総評の様子

理事 菊地惠子による閉会の辞の様子

本部
[名称]社会福祉法人東京児童協会
[所在地]〒134-0091
東京都江戸川区船堀2-23-10
[連絡先]03-3680-1441
[設立年月日]昭和35年2月15日
[理事長]菊地政幸


事務局
[名称]社会福祉法人東京児童協会 事務局
[所在地]〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-1-4ウエル新都心ビル4F
[連絡先]03-5341-4661
本部
事務局
社会福祉法人 東京児童協会
[本部]
〒134-0091 東京都江戸川区船堀2-23-10/TEL 03-3680-1441
[ウェブサイト] http://tokyojidokyokai.com/

[事務局]
〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-1-4ウエル新都心ビル4F/TEL 03-5341-4661
採用情報
©2016 - 東京児童協会