お知らせ
2016.12.4
平成28年度 研究発表活動報告会について
 去る平成28年12月3日(土)、東京芸術センター内にある天空劇場(東京都足立区千住1丁目4-1)において、「平成28年度 研究発表活動報告会」が開催されました。
 今回は、①保育士をはじめとした栄養士・看護師といった全保育者のプレゼンテーション能力の育成・向上、②東京児童協会が運営する各園の抱える課題やその解決策の共有と、それを通じた保育・教育の質の向上と新しい気づき・学びの芽生え、③法人活動の発表を通じた園同士の交流促進を目的に、開催されました。
 参加チームは、研究発表チームとして、全13園(13チーム)、栄養士チーム、看護師チームの計15チームと、活動報告チームとして、キムタカ(沖縄現代組踊)、雅太鼓(みやらびたいこ)の計2チームです。
 研究発表チームは、日頃の保育・教育実践における、保育士・栄養士・看護師が感じる課題や創意工夫などについて、各チームの代表者が発表し、闊達な質疑応答・意見の交換が交わされました。また、活動報告チームは、東京児童協会が大切に継承している文化活動であるキムタカと雅太鼓の2チームが、構成メンバーや日頃の活動内容について、躍動感溢れる演舞と演奏を交えて発表・報告を致しました。
 東京児童協会の職員だけでなく、行政担当者、保育関係者や理事・評議員の方、またこれから入職する予定者の方などにもご参加頂き、大変盛大な会となりました。
 研究発表活動報告会は、開催回数を重ねるごとに、研究発表・活動報告の質が向上し、それに伴い、参加している職員との質疑応答・ディスカッションの質も向上してきております。結果、会全体の盛り上がりも年々高まってきているように感じます。
 今後も、より質の高い保育・教育を行っていくべく、研究発表活動報告会を定期開催していきながら、園・職員同士の交流の機会を増やしていければと考えております。

※研究発表活動報告会の概要(各チームの発表内容とチームメンバーほか)、当日の様子の写真は、以下に記載・添付がございます。ぜひご覧ください。


・平成28年度研究発表活動報告(各チームの発表内容とチームメンバー)
各チーム、日頃の保育に基づいたオリジナリティ溢れる研究内容となっています。


・平成28年度 研究発表活動報告会の様子


・理事長菊地政幸の開会の辞で、「平成28年度 研究発表活動報告会」は開会致しました。

・雅太鼓の堂々且つ勇壮な演奏は圧巻でした。



・キムタカの迫力満点且つ颯爽とした演舞に、会場も一つになって盛り上がりました。


・発表の仕方も各チーム趣向を凝らしており、実演を交えたり、制作物を持ち込んだり、舞台上を駆け回ったりと、努力と熱意がひしひしと伝わる発表となりました。







・発表の後には、多くの質問や意見が飛び交い、闊達な情報交換・意見交換の場とすることができました。



社会福祉法人 東京児童協会
〒134-0091 東京都江戸川区船堀2-23-10/TEL 03-3680-1441
[ウェブサイト] http://tokyojidokyokai.com/
採用情報
お問い合わせ
©2016 - 東京児童協会